カテゴリ:浦和ごと( 37 )

2007年 10月 08日
オールド・トラフォードで見つけた浦和ごと
e0043025_6153595.jpg先日観戦に訪れたマンチェスター・ユナイテッドのオールド・トラフォード、仕事まで時間があったので試合の翌日も訪れてしまいました。試合日とは違い、グッズショップ、メガストアで買い物をする人も疎ら。落ち着いてみる事ができましたが、ここを訪問した一番の目的は「ミュージアム再訪」でした。
e0043025_616290.jpgミュージアムはスタジアムツアーと一緒になっています。がミュージアム見学だけというのもOK、スタジアムツアーは人気があり、予約が必要なケースが多いと聞いています。この日も1,2時間待ちのようでしたね。両方の申し込みはNorth Stand近辺にあり、グッズショップよりかなり先の方になります。
エレベータで3階まで上がり、そこから過去のタイトルなど栄光を示すグッズが充実、ってこれは私のスタジアムガイダンスでも紹介しており、今さらここで紹介する必要もないものですね。「浦和ごと」としてこのミュージアムを再訪、紹介したかったのはこれでした。

e0043025_6164737.jpg2007極東ツアーコーナー。あるかな、と期待してきたらしっかりとありました。
前回のツアー品展示は入口すぐの特別コーナーにありましたが、今回は常設展のような奥の場所に設置、そこにちゃんとありましたよ、さいたまシティカップでの浦和からの記念品が。
e0043025_6172214.jpg 兜とガラス製の盾が陳列されています。他のクラブとの対戦ではきちんと勝利し、カップも持ち帰りましたが、あれれ?さいたまシティカップが見当たりません。(奥に移っているのは別のカップのようでした)。2-2のドローではカップは戦利品にならなかったと考えていいですよね。引き分けに浮かれはしませんが、彼らはきっとそのカップもここに飾りたかったでしょうから、意地が示せてちょっとうれしかったです。
e0043025_623616.jpgそして下段には雛人形まで。季節感も全くなしですが、赤を纏ったお内裏様とお雛様は非常にいい選択ですね。大事にしてほしいと思いますが、これも来年にはお蔵入りになるんだろうなあ。これを見たい人は今シーズン中にここにお越しください。

e0043025_6235263.jpg しかし、チェルシーといい、マンUといい、極東ツアー組んだところの序盤の成績はいまひとつ。やっぱり興行収入目当てでこんな強行スケジュール組む事は選手の体力的にろくなことにならないことが露呈されてしまっています。果たして来年もあるのでしょうかね。もしやるとしても記念の人形はあげてもいいけど、カップは持ち帰らせませんよ。たとえ親善試合だってね。浦和だってミュージアム作って飾りたいですから。でもリーグ直前のブルズカップのような疲労満載のツアーはやめましょう。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-10-08 06:26 | 浦和ごと
2007年 10月 05日
今回はAFPのACL記事
e0043025_8362970.jpgACL準決勝、各記事がこれまでと同様に、これまでよりも長文でその記事を掲載。イギリス誌はGuardianのみというのが不満です。今回は写真付きで紹介するところも多かった。その中で一番いい写真と個人的に思う、フランスのAFPの記事を紹介しましょう。








*****************************************************************
Seongnam, Urawa draw 2-2 in AFC Champions semis
ACL準決勝Seongnam、Urawa戦は2-2の引き分け

e0043025_8365958.jpgSEOUL (AFP) — Seongnam Ilhwa Chunma and Urawa Reds fought out a tight 2-2 draw in the first leg of the AFC Champions League semi-finals Wednesday, with the pride of the South Korean and Japanese champions at stake.

Seongnam Ilhwa Chunma とUrawa Reds、韓国と日本のそれぞれのプライドがかかったACL準決勝第一レグが水曜日に行われ、2対2のドローに終わった。

Seongnam, seven-time K-League champions and current leaders, will travel to Urawa for the second leg on October 24 against a side who also have the prestigious Japanese Emperor's Cup in their trophy cupboard.

韓国Kリーグで7回王者に輝き、現在も首位を走るSeongnamは10月24日セカンドレグとして日本の名誉ある天皇杯覇者、浦和のホームに行くことになる。

In the first semi Mota opened the scoring for Seongnam in the 10th minute on a cross from fellow Brazilian frontman Itamar for his league-leading seventh goal.

前半開始早々の10分、Seongnamはリーグの得点王ブラジル人、ItamarからのクロスをMotaが合わせ1点を先制した。

Roared on by some 4,000 supporters from Urawa, the J-League champions and current leaders struggled hard on a soggy pitch in rain to equalise in the first half.

浦和から来た4000人にも上るサポーターによる大声援を受けていた、Jリーグのチャンピオンであり現在も首位を走る浦和は前半雨によるコンディションに悩まされた。

Urawa's Brazilian-born centre back Marcus Tulio Tanaka shot over the bar on the break in the 16th minute.
Seongnam goalkeeper Kim Yong-Dae then stopped a 30-metre blast by Tulio in the 32nd minute and Urawa's Brazilian striker Washington lobbed over the bar a minute later.

浦和のブラジル出身のディフェンダー、Marcus Tulio Tanakahaが16分にバーを叩くシュートを放った。Seongnamのゴールキーパー、Kim Yong-Daeが32分、Tulioの30メートル弾も防ぎ、Urawaのブラジリアン・ストライカー、Washingtonがその1分後にバーを越える浮かしたシュートもみせた。

Shortly afterwards Kim Do-Heon squandered another scoring chance for the home side as he shot wide of the target in front of a static defence.
Tatsuya Tanaka headed in the equaliser for Urawa on a Ponte cross seven minutes after the break for his third goal in three league matches.
Urawa went ahead 2-1 on a penalty by Ponte in the 65th minute after Washington was felled by Kim Dong-Hun as he positioned himself to get on the end of a free-kick.

その後、すぐにKim Do-Heonには堅実な(浦和の)ディフェンスの前で数回の得点機があったがそれを台無しにしてしまった。そしてTatsuya Tanakaが自身3点目となる得点を決め、Urawaが同点に追いつく。
Urawaはさらに65分、Washingtonがファールで倒され獲得したPKをPonteが決め2-1と逆転した。


But Seongnam made it 2-2 in the 80th minute when Kim Do-Heon slammed home a rebound after Mota's shot from inside the box was parried by Urawa goalkeeper Ryota Tsuzuki.
Five minutes later, a long through ball dropped in Kim Dong-Hun's path on the break and he slid the ball into the net before it was ruled off side.

しかしSeongnamは80分にMotaのシュートをUrawaのゴールキーパー、Ryota TsuzukiがはじいたところをKim Do-Heonが決め同点に追いつく事に成功した。

Seongnam, the runners-up in 2004, won the Asian Club championship in 1996 when they were named Cheonan Ilhwa Chunma, before the the continental club contest was renamed the AFC Champions League in 2002.
Urawa reached the semi-finals by defeating defending champions Jeonbuk Motors of South Korea 4-1 on aggregate in the quarter-finals.

2004年度の準優勝チームであるSeongnamは1996年にもアジアチャンピオンに輝いている。その時の名前はCheonan Ilhwa Chunmaだったが、それはチャンピオンズリーグと命名される前のことである。Urawaは準々決勝で前回王者、韓国のJeonbuk Motorsをトータル4-1で破ってここまで来ている。

*****************************************************************

はっきりいって試合見ていないのであっているかどうか。ポンテのフリーキックっていう表現ですが、これはPKじゃないのかな?ちゃんとpenaltyって書いてありましたね(^^;)

さてこれだけ見ると相手の方が過去の実績も持ち、格があるような書き方ですね。この戦いに4000人もの浦和サポがいったとは思えないのですが本当ですか?それとも前回のこと?
Roared on
スタジアムにおける雄たけびにスコットランド、Rangersではこの言葉が使われるとはgersさんからの情報。浦和にも利用されるというのは感慨深いですな。
さあもう一つ勝ってイングランド各誌でも取り上げてもらいましょ。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-10-05 08:41 | 浦和ごと
2007年 09月 27日
GardianからのACL記事
出張先からこの戦いを見守っていました。よかった。

ということで今回もロイター記事を各社報道しています。今回はイギリスのGardianの記事から。


Urawa Reds beat Asian Champions League holders Chonbuk
Urawa Redsがアジアチャンピオンズリーグ王者、Chonbukを下す
(updates with other quarter-finals)



KUALA LUMPUR, Sept 26 (Reuters) - Japan's Urawa Reds reached the Asian Champions League semi-finals with a 2-0 win at 10-man holders Chonbuk Motors of South Korea on Wednesday.
The J. League leaders completed a 4-1 aggregate victory at the Jeonju World Cup Stadium after last week's 2-1 win in Saitama in the first leg of their quarter-final.

水曜日、日本のUrawa Redsがアジアチャンピオンズリーグで韓国の10人でプレイした全北モータースを2-0で下し、準決勝進出を果たした。Jリーグの王者は準々決勝のファースト・レグ、さいたまで2-1で下し、続いてここ、Jeonju World Cup Stadiumでも勝利を収め、合計4-1と完勝した。


Urawa, looking to become the first Japanese club to win the trophy, took a third minute lead when Tatsuya Tanaka pounced on the loose ball after goalkeeper Sung Kyung-il spilled Robson Ponte's shot from outside the area.
Chonbuk defender Chung Kyung-ho was sent off by referee Ibrahim Al Ghamdi in the 22nd minute for diving after he fell theatrically under a challenge in the penalty area by Makoto Hasebe. He had already been booked for dissent.

日本クラブ初のタイトルを狙うUrawaは前半3分、Robson PonteのアウトサイドからのシュートをGK、Sung Kyung-ilがこぼしたところをTatsuya Tanakaが押し込んだ。
さらに前半22分、審判Ibrahim Al Ghamdiは全北のDF、Chung Kyung-hoがMakoto Hasebeとの奪合時、ペナルティエリアでのシミュレーションをとって退場処分となった。


Choi Jin-cheul, Chonbuk's scorer in the first leg, sealed the South Korean side's fate in the 66th minute when he chested the ball into his own net from a corner.
Urawa will face more Korean opposition in the semi-finals when they face Seongnam Ilhwa, who enjoyed a 2-0 victory away to last year's runners-up Al Karama for a 4-1 aggregate win.

全北はファースト・レグの得点者、Choi Jin-cheulが66分コーナーからボールを胸にあてて自身のゴールネットを揺らすという不運にも見舞われた。浦和は準決勝で一昨年の王者、Al Karamaを合計4-1で破ったSeongnam Ilhwaともう一度韓国のクラブと対戦することになった。



***********************************************************

試合後のゴタゴタとかは書かないのですね。こちらの世界では当たり前、日本が平和すぎるのか。
ま、これで協会の思惑どおり、韓国のクラブは日本のクラブに目の色変えて戦ってくるでしょう。だがWe are going up to the top!
[PR]

by m-mizoo | 2007-09-27 16:24 | 浦和ごと
2007年 09月 20日
ACL試合結果
e0043025_5101837.jpgアジア・サッカーといえどもACLとなるとそれは大きなニュース、世界でも今日の結果が伝えられました。一番早く報道したのはフランス、ヘラルドトリビューン誌、そして写真付きで伝えたのは何とカタールのアルジャジーラでした。ともにロイター電をそのまま記事にしたものなので一緒、内容を紹介してみたいと思います。
 また私のへたくそ和訳なので、雰囲気だけでも味わってください。







****************************************************************************

Urawa Reds down Chonbuk
- 浦和レッズ全北を下す-

e0043025_4511453.jpg


Makoto Hasebe and Tatsuya Tanaka scored as Japan's Urawa Reds defeated South Korea's Chonbuk Motors 2-1 in an Asian Champions league quarterfinal match.

アジア・チャンピオンズリーグの準々決勝、Makoto HasebeとTatsuya Tanakaが得点を決め、Urawa Redsは韓国のChonbuk Motorsを2対1で破った。

Hasebe put the hosts up 1-0 just four minutes in at Saitama Stadium, and Tanaka doubled the lead in the 59th minute for the J-League and Emperor's Cup title holders.

さいたまスタジアムにて行われたこの試合の前半開始わずか4分、Hasebeが先制し、1-0と主導権を握り、Tanakaの59分のゴールによりJリーグ、そして天皇杯王者は2-0とリードした。

Knowing that a 2-0 deficit would be almost impossible to overcome in the second leg, the defending champions fought back in a desperate attempt to limit the damage.

Their efforts were rewarded when Choi Jin-cheul scored with a low shot from a corner in the dying minutes.

2-0というビハインドはセカンド・レグで巻き返すことが極めて難しいことを認識している前回王者はダメージを減らすべく捨て身の攻撃を行った。それがロスタイムのChoi Jin-cheulの得点につながった。

Chonbuk, given a bye to the single-elimination phase of the competition, will host Urawa in the second leg on Sept. 26.
Urawa finished top in Group E of the preliminary round with 10 points from six games.
Chonbuk defeated Syria's Al Karma 3-2 on aggregate in last year's final.

リーグ戦不戦勝だったChonbukは9月26日、セカンドレグでUrawa Redsを迎える。UwaraはグループリーグE6試合を戦い、勝ち点10で首位通過してきている。Chonbukは昨年の決勝、シリアのAl Karmaを3-2で下し、王者に輝いた。



****************************************************************************

単なる結果に過ぎませんが、世界にも注目される戦いということですね。それじゃあ、もっと注目浴び続けてやりましょう。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-09-20 05:19 | 浦和ごと
2007年 09月 12日
World Soccer9月号の浦和記事です。
e0043025_5271525.jpg毎度お馴染みのWorld Soccer 、先日発売された9月号掲載のアジアコーナーからです。メインは当然アジアカップの話題。優勝したイラクの話は先頭ページに特集されており、このコーナーではそのイラクよりも同じ英語圏のオーストラリアの戦いに注目、暑さを考慮すれば納得のいく初の大会の結果、というものです。地元のマスコミはアジアを見くびっていたそうですが、この記事は謙虚であり、想定内の結果ということ。結果が伴わなかったですからね。

その次のページは・・・。 いつもありがとう。今月も日本、浦和を大きく取り扱ってくれました。今回は永井のデカイ写真とともに先日の天王山、ガンバ大阪との一戦を振り返っています。マンチェスター・ユナイテッドとの親善試合は先月号でも触れられず、真剣勝負のみをレポートするという姿勢には参ります(多分、掲載のタイミングが合わなかっただけかもしれませんが)。


e0043025_5294674.jpgReds rein in Gamba

レッズ、ガンバを抑える

Reigning Champions Urawa Reds stopped Gamba Osaka from breaking away at top of the J. League with a stunning 1-0 win away. The result narrowed the gap to just a point and ended Gamba’s unbeaten home run in the league of 26 games.
ディフェンディング・チャンピオンである浦和レッズがガンバ大阪と対戦、見事に1対0で逃げ切り、首位独走に待ったをかけた。この(浦和の勝利の)結果、勝ち点差は1まで縮まり、さらにガンバの持つホーム26戦連続不敗記録も止まった。

e0043025_535848.jpgFormer Gamba keeper Ryota Tsuzuki was in heroic form for Reds, making a string of fine saves, and Yuichiro Nagai hit the winner in the 62nd minute. Reds have also been buoyed by the return from injury of striker Tatsuya Tanaka and center defender Tulio.
ガンバの前ゴールキーパーである都築龍太がレッズにとってこの日のヒーローで、ファインセーブを連発、そして永井雄一郎が62分に決勝点をたたき出した。レッズは怪我からストライカー、田中達也、そしてセンターバック、闘莉王が復帰したことによりチームは上り調子である。
(以下他クラブの内容なので省略)




記事としては少し古くなった内容かもしれませんが、月刊ですしアジアで、いえ日本でいえばこの試合は先月最も大事だったものに間違いはありません。何度もいいますが、これだけ選手名や試合内容を克明に記載し、本当に試合に傾注した内容で関心です。写真の下のコメントに「ガンバを倒した永井」的なコメントがあります。しかしその相手はガンバではなく、飯田産業。まあご愛嬌ってことで(笑)。

Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-09-12 05:40 | 浦和ごと
2007年 08月 08日
浦和の記事かと思ったら。。
カナダのニュース発信サイトと思われる、canada.comがこんな浦和の写真を使い、ニュースを流しているのを発見。早速中身を訳してみる事にしました。
ソースはここ



***********************************************************
Reuters(ロイター通信)
Published: Friday, August 03, 2007

e0043025_715658.jpg
China threatens to detain soccer fans for swearing

中国が野次るサッカーファンを拘束すると脅している


Fans of the Urawa Reds soccer team sing during their match with Shanghai
Shenhua during the AFC Champions League 2007 in Shanghai April 25, 2007.
Worried that loutish behavior will shame the nation during next year's
Beijing Olympics, police are threatening to detain fans who swear at a
soccer games in the capital this weekend, as a way of stamping out the
habit. REUTERS/Nir Elias


2007年4月25日に行われたAFCチャンピオンズ・リーグ、上海申花との試合中、浦和レッズのファンが声援を送っていたが、来年開催の北京五輪期間中に相手を罵るような行為は国辱となるだろうと心配し、警察はこの週末、首都、北京で開催されたサッカーの試合でそのような悪しき週間を排除すべく、野次を飛ばしたファンは拘束すると脅している。



BEIJING (Reuters) - Worried that loutish behavior will shame the nation
during next year's Beijing Olympics, police are threatening to detain fans
who swear at a soccer match in the capital this weekend, as a way of
stamping out the habit.

Police will be positioned at each stand filming the crowd at Sunday's
Barcelona versus Beijing Guoan match, looking for evidence of swearing,
fighting or throwing trash, the official Xinhua news agency said on Friday.

日曜日に行われたバルセロナ対北京国安との試合に大観衆が包んだ各スタンドに警官を配し、野次や暴動、モノの投げ入れなどがないか、監視したと新華社通信が伝えている。

"It is just way out of line to have 30,000 people shouting and swearing en
masse," police spokesman Liu Chunjiang was quoted as saying. "What we are
trying to do is to give the right guidance in how to view a soccer match,
not to impose anything on the spectators."

「3万人もの観客が一斉に叫んだり、野次ったりするのはかなり路線をはずれた行為だった。」中国警察のスポークスマン、Liu Chunjiang氏は言った。
「我々が試みているのはサッカーの試合をどのように見るか正しい行いを導き出すことであり、観客を威圧することではない」と


In addition to being detained, badly behaved fans may be banned for 12
months from attending a soccer match, it said.
The police will use Sunday's match, which is expected to attract 30,000
fans, as a "drill for next year's Olympics," Liu added.

さらにそのような行為を行った者に対しては12ヶ月間のサッカー観戦禁止の罰則を課すことになるかもしれないと彼は言っている。
3万人を集めた日曜日の試合は来年のオリンピックの予行演習でもあったと付け加えている。


Beijingers are well-known in China for their willingness to inject
particularly earthy expressions into their everyday speech.
The government is worried that swearing and other "uncultured" behavior like
spitting in public and pushing will embarrass the country at next year's
Olympics, and has been running campaigns to get people to be more
"civilized."

北京市民は毎日の演説にも俗的表現を平気で入れることは国内でもよく知られている。政府は野次やその他つばを吐いたりするような「教養のない」行為は来年の五輪にて恥ずべき行為であり、市民がもっと「品格」を備えるようにと、キャンペーンを展開するなど、心配している。

***********************************************************

ACLでの浦和サポの行為が中国警察を動かしたのか、はたまた浦和のサポートがアジアに影響をもたらしたのかと思ったのですが、この記事からは全く浦和の行動との関連がわかりません。ACLで何か警察が動かなくてはならないような行為でもあったのでしょうか。でも叫んでもダメって・・・。んじゃあ来年もしACLを中国でやらなきゃならない場合は、皆で三三七拍子でもしますか。

Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-08-08 07:14 | 浦和ごと
2007年 07月 20日
今日の英国各誌スポーツ面(続き)
e0043025_6504327.jpg一日経つと何だか間の抜けた記事にも思えますが、昨日の続き。さいたまシティカップについて丁寧な記事を提供してくれた、The Daily Telegraphの全訳です。









*******************************************************************

e0043025_648264.jpg

United content despite jitters
イライラの募る内容でもユナイテッドは満足


Sir Alex Ferguson監督は攻撃面ではあまりある程のスター選手を保有しているものの、Urawa Redsと2対2の引き分けという結果が示すとおり、ゴールキーパー、Edwin van der Sarに見られるとおり、守備陣のまずさはまだ課題のようだ。
 試合の24時間前、Tokyoに11時間もかけて到着した疲労漂うプレミア・チャンピオンは東アジア・シリーズの4試合目の緒戦の結果に満足している。Darren FletcherとCristiano Ronaldoのゴールはあったが、Hideki Uchidate、そしてShinji OnoのゴールによってJリーグチャンピオンとカップを分け合うことになった。
 しかし、問題はVan der Sarの不甲斐ないパフォーマンスである。Uchidateの放った、当たり障りのないロングレンジからのシュートが、このおどおどしたゴールキーパーを打ちのめしたのだ。彼のゴールは昨シーズンのPortmouth戦、そしてRoma戦で犯した36歳になる彼の失態を思い出させるものであり、ますます疑問視されるだろう。控えのBen Fosterは3月まで十字靱帯を損傷しており、van der Sarの失態が続くようであれば今シーズンの早い段階でポーランドのTomasz Kuszczakがその座を射止めるかもしれない。
ユナイテッドから勝利を奪ったこのオランダ代表GKによるおどおどしたプレイをRonaldoやWayne Rooneyの眩いばかりの個人技がチームを安定させてくれた。
 Ronaldoのトリッキーなプレイは集まった59000人の観客を魅了し、Rooneyの自陣からゴールに向かう果敢なプレイはGKのRyota Tsuzukiの好守備があったが彼の潜在能力の高さとパワーを感じさせるものだった。
昨シーズンSunderlandにレンタル移籍していた若手DF、Johnny Evansは非常によかったし、Van der Sarの失態を忘れさせてくれるものだった。Ferguson監督はこのプレシーズンの結果に満足しているようである。
 「今日はお客さんを楽しませるための試合だったのだが、後半はちょっと疲れてしまったようだ。まあそうなるのはわかることだが。Urawaは後半からよくなったね。今日の試合には満足している。数人を起用したが、彼らは試合の感覚をつかんだようだし、よかったのではないか。またけが人もいないようだし。」と監督はコメントしている。
 新加入のOwen HargreavesとNaniは怪我により今回の試合は欠場したが次の金曜日に開催される韓国でのFCソウル戦には出場するようである。

(以下省略)

*******************************************************************

昨日もご紹介しましたが、内容はMan Uに関するもので、こんな日本での親善試合にもきちんとした、そしてファン・デル・サールへの本当に厳しい内容の記事が一般誌にも掲載されるのでした。いくら調整とはいっても不甲斐ない試合をするとメディアのバッシングが待っている、ということで金儲けといっても真剣にならざるを得ないのかもしれません。浦和大敗だったら、今度はこのツアーの意味がもっと問われる記事だったのでしょうね。どんな内容でも批判の対象にある、それが王者の宿命なのでしょうか。怖いですねぇ。
大敗して、「所詮アジアの実力はこんなものか」と思われず、よかったかな。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-07-20 06:53 | 浦和ごと
2007年 07月 19日
今日の英国各誌スポーツ面
e0043025_7394973.jpg先日行われたさいたまシティカップの内容、今朝各誌買いあさり、調べてみました。2年前に比べると扱いはそれほど大きくはないのですが、さすがはManU、英国でも記事になりました。どんな内容だったのか、ご紹介します。

e0043025_7401170.jpg まずはタブロイド誌の大御所、The Sun。最も大きく写真、記事を掲載。長谷部のへっぴり腰の写真は各誌採用しているものです。ロイター通信からのものですかね。内容は、というと所詮はタブロイド誌。試合については最後にわずかあるだけで、タイトルにあるとおり、Bored Free(退屈からの解放)という、Rooneyにスポットをあてた記事になっています。要はW杯もなく、シーズンオフはサッカーが待ち遠しかったという、なんてことない内容でした。浦和のエンブレムを使ってくれているのはうれしいのですが。

e0043025_7412018.jpg次は毎日無料配布している新聞Metro。写真はRooneyのうしろ姿という、さいたまとは判らない、どうでもいいようなもの。その写真の通り、試合については全く触れられず、Ferguson: Asian tour not all about money (ファーガソン監督:アジアツアーは金「ばかり」が目的ではない)というタイトルにてお判りの通り、日本でも話題になりましたアジアカップ開催時期にこのツアーをすることに関する批判への弁明記事となっています。「We are not trying to steal fans from other clubs (我々はよそのクラブからファンを奪う気なんてない)」と中見出しがつき、「地元でサッカースクールを開催したり、貢献している」ということなんですが。ま、浦和のファンがMan Uに寝返るならどうぞ、というところでしょうかね。

e0043025_7414744.jpg一般誌で、比較的読みやすいDaily Mailはさすがはタブロイド誌とは異なり、試合内容について忠実に記載されています。しかし、この日の話題はどこもTevez問題、記事もTevez内容と融合されており、どちらも中途半端でした。ウッチーの得点、あれはファン・デル・サールのミスだというコメント。そんな事でEdwin van der Sar looks embarrassed after his mistake(ミスをして険しい表情のファン・デル・サール)という解説とともに写真が掲載されているのです。昨年お彼のパフォーマンスの悪い試合が多かった事からの批判的記事のようですね。厳しいです。

e0043025_742733.jpg最後も一般誌、お堅いThe Daily Telegraph。今まで購入なんてしたことないのですが、ネット上のニュースで詳細をいち早く紹介していたので、買って見ました。
United content despite jitters – ユナイテッド、体調が万全でなくても満足の内容 –
という見出しで始まるその記事内容は試合だけに着目したもの。私、浦和人にとってはもっとも欲しかった内容の記事です(全訳は気が向いたら明日でもしようかな)。e0043025_7422736.jpgしかも最後にはMan Uだけでなく、きっちりと浦和の選手も交代要員含めて全員が掲載されています。審判、Matsumuraという名前まであります。イギリス人がこんな情報を求めているとは思えないけど。
予想はしていましたが、浦和のことに注目する新聞なんかはなく、集まった観客、58000人は全てMan U見たさに来たもの、という認識されるような内容ですね。その通りといえばそうだけど。その中、Uchidate、そしてShinji Onoという名前が記事に入っている、書かざるを得ない結果だったのはちょっとうれしい。やっぱり得点してナンボということか。
・・・以上今日の各誌スポーツ面でした。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-07-19 07:45 | 浦和ごと
2007年 06月 01日
FIFAマガジンの浦和特集記事です

e0043025_6373589.jpgACL決勝トーナメント進出が決定、まあどんな格好であれ、リーグを突破し、各協会の期待にまずは応えたのは賞賛に値するはず。ということで、World Soccerの記事につづく第2弾。今週の逸品で紹介した FIFA Magazine 5月号の浦和特集ページをご紹介します。え?もう6月号が発売され、Shunsuke君の特集だって?でもせっかく訳したので。浦和人にはこちらの方が断然大事だと思うし。ということでへたくそな訳ですが読んでみてください。




*****************************************************************


e0043025_6381859.jpg


駒はほぼ揃った
浦和レッドダイヤモンズはかつてJリーグのお荷物として笑いもの扱いだったが、とうとう彼らにもその運が回ってくる時がきた。彼はリーグチャンピオンとなり、最後に笑ったのは彼らだったのだ。
                                         by Kumi Kinohara

URAWA REDSは今Jリーグにおいて最も成功を収めているクラブだということは誰もが認めるところである。Saitamaを拠点としているこのクラブは昨年念願のリーグチャンピオン、そして2連連続となる天皇杯制覇というダブルタイトルを達成した。2005年クラブは13年間のリーグ創設史上最高額の収入を獲得している。これまでリーグチャンピオンが必ず成功を収めてきたわけではない、いったい何が他のチームと違い、彼らを日本のリーディング・クラブにさせたのであろうか。
 キックオフの数分前、Saitama Stadium 2002には突然静寂が訪れ、それからまるで地面を揺るがすかの如く、6万人収容のスタンドに真っ赤に染め上げた何千ものファンによる低音の大声援が響き渡る。男性、女性、そして子供によるその声はとてもパワフルであり、ここを訪れたアウェイチームのサポーターを震え上がらせるのだ。ピッチに向かう選手を鼓舞するように、会場に繰り広げられるその熱気は最高潮に達する。
 この瞬間、あなたは自分がどこにいるのか、気づくはずだ。そう、Urawa REDSというホームだということに。REDSの発するパワーと期待に興奮し、身震いするだろう。
このわずかな時間ながらも印象的な「オープニング・ショー」こそ、クラブがリーグ創設時から注いできた努力の賜物の一つである。マスコット人形からスポンサーに至る、ありとあらゆるものをレッズブランドとして好印象をもたらし、そしてファンを魅了させている。
 「我々はスタジアムを訪れる人に『レッズ・ワンダーランド』を体験してもらい、そして試合を楽しませようとこれまでずっとしてきたし、これからも続けようとしています。と同時に、相手チームにはここではやりづらい、来たくないという雰囲気をもつくりたいと思っていました。」と球団代表、藤口氏は語った。
 ファン、その多くは地元市民によるものだが、そのファンを大切にすることがこれまでのクラブの運営方針として重要な位置づけであった。
 リーグ開幕当初、試合を観たいとチケットを求める人が殺到し、多くのクラブは入場者による収益増を狙い、ホームとは異なる大きな会場、例えばTokyoにある、National Stadiumなどを会場に選んできた。しかしUrawaはわずか1万人しか入らない(現在は2万人収容)、Komaba Stadiumにこだわり続けたのである。

地元コミュニティ-Local Community-
リーグ創設時、10クラブの一つであったREDSは前進の非プロ団体、三菱自動車のホーム、西東京の調布市から浦和にやってきた。
「当時我々はまだ浦和を本拠地とする準備に追われ、浦和を本拠地にしているということを市民に認知してもらうのに必死でした。そのためにもホームゲームとしてKomabaを使い続けることにしたのです。地元民に理解されずにクラブが発展することなんて、ありえないですから。」藤口社長は運営部長だった当時を振り返った。
e0043025_6412038.jpg クラブの努力、そしてスタジアムでの熱狂的な応援によって、REDSは多くのファンをスタジアムへの運ぶようになっていった。チケットは瞬く間に完売となってしまうため、キャンセル待ち制度や地元ファンへの優先販売システムなどを設定して苦心した。
 クラブにとってサポーターやファンはチームの大きな力になる。相手チームにはプレッシャーを与え、自分たちのチームを奮い立たせる。ありがたい事にこれがクラブに収益をももたらし、蓄えられた資金によってよい選手の獲得、そして優秀なコーチ招聘をもたらすのだ。
 ところがピッチ上で順風満帆だったのか、というとそんなことはなかった。
 Jリーグ開幕当初、REDSはあまりにもお粗末なプレーと成績にもがき苦しみ、「Jリーグのお荷物」とまで言われた。93年は10チーム中最下位の10位、そして94年には12チームに拡大したにも関わらず、12位という失態だった。
 95年にドイツ人、ホルガー・オジェックが日本にやってくると状況は一変した。1stステージは3位、そして1シーズン制となった96年には16チーム中6位という成績を残したのだ。
 しかし、オジェックが浦和を去った後、クラブにはしっかりとした長期プランもなく、泥沼状態に陥った。その結果2000年には2部降格という屈辱も味わっている。
 だがサポーターは離れなかった。アウェイの地にも頻繁に向かい、クラブは1年で1部に復帰を果たしている。これがクラブ運営そのものをもう一度見つめなおす機会となった。

勝つためのメンタリティ
2000年の降格はクラブのフロントを前向きに変えさせた。将来よりよいクラブとなるための中長期計画を設定したのだ。
e0043025_6425354.jpg その具体的な結果としてREDSはチームの全体の基盤固めのため、2002年、前日本代表監督のハンス・オフトを監督に招聘した。オフトはREDSに初の栄冠をもたらせた。2003年、1部リーグの16チームによって争われるカップ戦、Jリーグ、ナビスコカップのタイトルである。
 彼の後任監督、ギド・ブッフバルドはチームに勝つというメンタリティを与え、さらなるタイトルを呼び込んだ。2005年、2006年の天皇杯、そして2006年のJリーグチャンピオンである。この功績は2006年のMVPである闘莉王のような選手達に日本代表への門戸を開いている。
 クラブは2002年にもう一つの駒を揃えた。Saitama Stadiumへのホーム移転、そしてクラブハウス、練習グラウンドの新設である。これらの設立はチームの練習環境を劇的に変化させた。2005年にはチームに国際的な視野を持たせようとバイエルン・ミュンヘンと業務提携まで行っている。
 2006年12月2日、チケットは完売,Saitama Stadiumに詰め掛けた62,241人の大観衆の目の前でGamba Osakaを3-2で下し、念願のJリーグタイトルを獲得した。その2週間後、浦和で行われた優勝パレードには6万5千人もの大海原から選手は祝福されている。
 「10年以上かかってようやくその努力が報われました」と藤口氏。「しかし、これに満足するわけにはいきません。ただ日本でナンバーワンになっただけですから。我々はアジアで1番になりたいのです」
 Jリーグのチャンピオン、Urawa REDSは次のステップに向けて動き出した。そして今年アジア・チャンピオンズリーグに挑む。オジェックが監督として今年古巣に戻った。彼もまたアジアで1番になり、そして世界クラブ選手権に参加したいという意欲的だ。

 たった一つ、間違いなく言えることがある。REDSはその戦いにクラブだけで挑むのではないということだ。
 そう、彼らにはいつも熱狂的サポーターがついている。

*****************************************************************

e0043025_6433814.jpg一般的な紹介記事かもしれませんが、的確に、そして愛情のこもった記事となっています。
記事を担当した木ノ原 句望さん、素敵な記事をどうもありがとう。私の訳があなたの意図した文章とはなっていないでしょうが、浦和の仲間に少しでもあなたの素敵な記事を伝えたくて訳しました。そてにしても内容はとても客観的なものとは思えない、主観のこもったものでしたね。ひょっとしてあなたは浦和ファン?
 これからも浦和が躍進し、世界に向けた記事が必要になるように精一杯サポートしますので、これからも心温まる記事、お願いします。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-06-01 06:45 | 浦和ごと
2007年 04月 21日
久々の我が家、浦和
e0043025_663818.jpg出張を無理矢理作り、実に1年ぶりの帰国でした。日程は当然ながら浦和の試合を優先、成田空港からさいスタへと向かい、ACLでの勇姿に立ち会えました。7時半開催というのはいいですね。仕事帰りも時間的な余裕があり、キックオフに間に合いやすくなりますから。このブログで密かに訴えていたのですが、それが叶ってうれしいです。
 結果がついてきているのが成長の証でしょう。どんなに調子が悪くても、まずは勝利できるというのはこれまでになかったことですから。試合後には平日にもかかわらず駆けつけてくれた仲間たちに再会、短い時間ながら久々に楽しいひと時を過させてもらいました。それにしてもゴール裏は知らない人が増えましたね。太鼓、コールのない時間帯の静寂しきったスタジアムはちょっと異様でした。野次ラーは排除されたのかもしれませんが、自然発生的に始まる「浦和レッズ」コールなどは遠い昔の産物になってしまったのは残念でしたね。
e0043025_633666.jpg 日差がきつく、暑かった土曜日はイギリスに持って帰るラーメンを買いにラ博へ。ついでに日産スタジアムの横浜FC対鹿戦を観戦。普段なら絶対に訪れないが、敵を生で知るためにもと思って。。
試合は陽気に誘われ、また時差ぼけも重なって睡魔との闘い。鹿サポ、少なくなったなあ。黄色い声交じりで1オクターブ高い声援は相変わらずで懐かしかった。一方で横浜の方が数は少ないながら結構いい低音でした。
最も見たくないヘナギのゴールが決まってしまったので、前半でさっさとスタジアムを後にしてしまいました。いろいろと買い物したかったからね。
e0043025_6384490.jpg日曜日は国立参戦。遅刻により「柏バカ一代」を見逃すという失態。だがこれまでになかった流れるような試合展開となった前半に立ち会えたのはよかった。後半は、まあなんとか無失点で終了したのをよしとしようか。そこにこれまでの歴史がつまっているせいなのだろうか。屋根がなくても、新しくなくても国立のこのゴール裏はなんともいえない趣を感じる。浦和がホームとしてここを使うことはもうないだろうが、カップ戦としての決勝の舞台は是非ここを継続してほしいと思いました。あ、その前に甲府がここを使ってくれるんだったね。みんなホームの雰囲気よりも観客動員数を優先してくれてありがとう。
e0043025_6493649.jpg泊まったのは浦和ロイヤルパインズホテル。仕事先は全然違うのですが、日本では絶対に泊まることはないと思い、出張時はここに泊まっています。さいスタ開催により浦和サポの訪問はめっきり減ってしまいましたが、浦和駅周辺のレッズものを掲げるお店は相変わらずいっぱい。将来浦和はここに戻るべきなのかもしれません。駒場を再びホームとする日が来てもいいのではないでしょうか。改築し、数万人規模のスタジアムとして生まれ変って。

・・・と、皆さんにはどうでもいい、自分には大変貴重な日本、浦和での1週間でした。またネットでの応援に戻ります。
Home

[PR]

by m-mizoo | 2007-04-21 07:07 | 浦和ごと