2005年 09月 18日
#001
e0043025_6192895.gif

e0043025_4183444.jpg街中からはWimbledom行きディストリクト線に乗ってPatney Bridge駅にて下車。







e0043025_4275582.jpg駅からスタジアムの途中にある唯一のパブ。そのために道路まで人があふれている。もう少しFulham Rdまで足を延ばせばパブはあるのに、と思ったらそこも同じ状態だった。






e0043025_4324681.jpgFulham Rd を超えるガード下にいるFulham唯一と思われるパチもんグッズ販売をするおじさん。必ずアウエィのグッズを揃えているのはさすがだけどそれはFulhamだけでは商売にならないってこと?






e0043025_4434392.jpgこれがPutney Bridge。テムズ川を渡します。この向こう側を行くとウィンブルドンです。







e0043025_4532351.jpgテムズ川沿いをしばらく歩きます。川沿いは公園になっていて、犬の散歩やボール遊びをする子供たちでのんびりとした雰囲気。それを壊すかのように観戦者の集団が行列をなしてスタジアムを目指す。






e0043025_45567.jpgテムズ川沿いを行くとやがてスタジアム、Craven Cottageが突然現れる。これはメインスタンドRiverside Stand。その名の通り、バックはすぐテムズ川です。ハーフタイムにはテムズ川を眺めながら一息つけます(メインスタンド観戦者のみの特権)






e0043025_522994.jpgStevenage Rdから見たCraven Cottage。歴史を感じさせる素晴らしい外観は拡張後も維持されました。







e0043025_582943.jpg観戦者は全員Stevenage Rdからスタジアムに入ります。印象的なレンガつくりの建物に「Fulham FC」の文字。このアングルはよく使われますね。このゲートはPutney End(アウエィ席)とメイン用で、バックスタンドのJohnny Haynes StandのゲートはVIP関係者で入口の両サイドから入れます。このJohnny Haynesは1952年から18年間フルハムでプレー。658試合、158ゴールの記録を持つフルハムの英雄でした。残念ながら2005年10月に他界。06/07シーズンより彼の名前がこのスタンド名になりました。ホームのゴール裏であるHammersmith Endはさらに向こう側。




e0043025_5122959.jpgVIPの入り口の向こう側にひっそりとあるグッズ売り場。かなり狭く、品揃えも豊富とはいえないが、グッズを求めるたくさんのお客さんで立錐の余地もない。当然日本人にもいっぱい会います。(Fulham Rdにもグッズショップがある)






e0043025_5393096.jpg中に入る。飾り気の全くなく、トイレに行くのも狭い。最近はビールも売られているが、座席への持込は禁止。ここで立ち飲みするしかない。気分は新橋ガード下。







e0043025_5402744.jpgStevenage Rd Standから見たピッチ。今回はWest Ham側に寄ってみた。Upperの最上段に近いのでゲームクロックは見えず。でも試合の視界は全く問題なし。







e0043025_5412741.jpgPutney Endのスタンド。West Ham ファンも多数駆けつけた。ロンドンダービーですから。やはりHammersの声援はすごい。あっ、Fulhamのスタジアム紹介でしたね。アウエィの方が一箇所に固まるのでチャントがまとまりやすいのです、はい。






e0043025_633467.jpgちなみにメインスタンドから見るとバックスタンドはこのようなイメージ。(昨年の対Newcastle戦時撮影)
三角屋根がとてもかわいい。







e0043025_5475396.jpg選手はPutney Endとバックスタンドのコーナーから入場。選手を間近に、試合は上方からという両方を兼ね備えたのがこのあたりの席かも。









e0043025_549288.jpg
Craven Cottage
Stevenage Road London SW6 6HH
22,000人収容
Record Attendance 1938年8月10日 49,335人

District Line Putney Bridge駅から徒歩15分

Stadium Guidanceメインページへ
Home

[PR]

by m-mizoo | 2005-09-18 06:30 | Stadium Guidance


<< Fish & chips 00...      今週(過去?)の逸品 004 >>