2006年 06月 22日
Stadium Guidance 018 -Aol Arena (World Cup Version)-
e0043025_625744.gif

e0043025_6263789.jpgロンドンから会場となるHamburgに向かいます。フライトは直行便もあるのですが、W杯期間で全く取れず、なんとかFrankfurt経由の便にキャンセルが出て、行くことができました。Lufthansaは今回のオフィシャル・パートナー。この機体の写真はお馴染みかもしれませんが私も撮ってみる。




e0043025_627144.jpg
Frankfurtを経由し、羽中田昌氏と同じ便でHamburg空港に到着。空港自体はW杯を意識はいしているものの、それほど多くのFootball仕立てにはなっていませんでした。ただ空港にはたくさんのアルゼンチンサポが到着しており、やっぱりワールドカップが来たんだと実感できました。




e0043025_6272021.jpg
ホテルは空港近くだったため、まずはホテルでチェックイン。そこからバスと地下鉄を利用し、Stellingen駅まで行きました、中央駅からも行き方は同じ。Sバーンの21でElbgaustrasse行、またはS3のPinneberg行に乗りましょう。





e0043025_627391.jpg
駅前はワールドカップ仕様でした。試合開始3時間前だというのにホットドッグを頬張るもの、ビールで既に酔っ払い状態のオヤジなど早くもたくさんのお客さんで盛り上がっていました。コートジボアールのオレンジ軍団も意外や意外、本当に多かった。





e0043025_6283950.jpg
パチスカーフもワールドカップ会場前とはいかず、駅前で販売。日本のもあります。ちょっとレトロな感じ。いいかも。でも買いません。






e0043025_629370.jpg
駅を降りてガード下を潜り抜けていきます。太鼓を先導し、電車を降りてきたアルゼンチンサポ軍団をドイツ警察Polizeiが誘導しながらスタジアムに向かいます。アルゼンチンサポは代表ユニだけでなく、ボカやリーベルユニ姿も多かった。彼らの普段着なのでしょうかね。





e0043025_6291920.jpg
ガード下を抜けた右側がスタジアムまでのシャトルバスになっていますが、ここからスタジアムまでもわずか1200m。散策をかねて歩くことにしました。殆どが歩いて向かっていました。ひたすら公園の中を進んでいきます。案内表示が親切にありますし、皆スタジアムに向かうので安心して会場に向かうことができます。





e0043025_6293717.jpg
スタジアム到着。W杯で認められていないネーミングライツの影響で、スタジアム名はWorld Cup Stadion Hamburgという実に特徴のない名前となっています。本来はAOL Arena。せっかくなら以前の名称であるVolksparkstadionに戻してあげればよかったのに。駅にも昔の呼称で明記されていたりしますし。




e0043025_6295645.jpg
会場外ではアルゼンチンサポが既に大騒ぎ。TVクルーに煽られ、いやでも盛り上げなくてはなりません。皆この日を待っていた、という位に本当にうれしそうに騒いでいましたが、試合まで持ちそうにありません。





e0043025_6301218.jpg
チケットは当日会場渡し。迷いましたが交換所にて無事チケットを入手。もっと応対が悪いと覚悟の上、3時間前に現地に入ったのですが、とてもスムーズでした。交換所の中も人数制限し、パニックのないように取り計らっていました。さすがはドイツ。イングランド開催だったらこうは行かなかったでしょう。




e0043025_6302922.jpg
もらったチケット。身分証明書が必要でした。やはりもらえるとほっとしますね。ボール紙みたいという意見を聞いていましたが、チケットはIC入。最新式です。チケットには個人名まで記載。よくできています。でもチケット折れないし、どうやって持っていったらいいやら。





e0043025_6304726.jpg
スタジアムに入ります。チケットを持たない輩を排除するため、本来のチケットゲートよりも遥か手前からバリゲードを設置し、荷物チェック、チケットチェックがあります。ここの段取りは悪く、試合直前は大変な様子でした。早めに入って正解。





e0043025_631460.jpg
ようやくスタジアムが間近に来ました。が、この先に本当のチケットゲートがあります。その前に周辺を散策。






e0043025_6312541.jpg
メインスタンド前に仮設されたオフィシャルグッズショップ。会場内にもたくさんあり、何もここで買う必要はなかったのですが、入る前ですので知る由もなく、とりあえず記念Tシャツなんかを買って見ました。





e0043025_6314268.jpg
メイン近くにある巨大な足像はHamburger SVの英雄、 Uwe Seeler のもの。ブンデス・リーガの初代得点王であり、4大会連続でワールドカップ西ドイツ代表でした。66年のワールドカップ、あの疑惑のゴールでイングランドに敗れた際にもキャプテンだったんですね。




e0043025_632041.jpg
中に入ることにしました。目指すのはメインスタンド、Osttribune(東スタンド)です。これはHSVの案内をそのまま使っていますね。そりゃそうか。






e0043025_6321692.jpg
IC付のチケットの出番がやっと来ました。ここでリーダーにチケットをかざすと自動的にゲートが開いて入場ができます。大会2日目、初のハンブルグでの試合ですが、特に不具合はないようですね。それにしてもこの設備、いったいいくらかけたのでしょうかね。これからブンデス・リーガでも使うのでしょうか。




e0043025_6323358.jpg
本来はHSVのグッズショップもこの日だけはワールドカップグッズショップに。こっちの方が商品を手にとって見ることができ、よかったな。まあ逸品モノがあったわけではないので、後悔もないけどさ。





e0043025_6324970.jpg
様々なアトラクションを設置し試合までの長い時間を楽しめます。これはMastercard社のもの。合成で往年の選手との写真が撮れるます。並んでみましたが、時間がかかりそうで断念。





e0043025_6331390.jpg
スタジアム外観。どの角度からでも外観は同じです。味スタをイメージすれば同じような感じかな。






e0043025_6333278.jpg
会場に入りました。会場はどこの席でもコンコースを1周できるので、ぐるりと回ってみました。これがNordtribuneです。いやあ、本当にでかいです。これで本当に5万強しか入らないの?というのが率直な感想。





e0043025_6334918.jpg
コンコースのホットドッグ屋。吊るされた巨大ケチャップとマスタード、マヨネーズがいいです。つい買ってしまいました。揚げネギとピクルスがうまかった。値段は高め、3.50€(約500円)。横の普通の売店ではシュニッツェル(いわゆるトンカツ)のサンドなんてものもありました。




e0043025_634785.jpg
東と北のコーナーからバックスタンドをみました。アルゼンチンサポの集団はここにいるのですが、席にいく通路には警備員が居て、違うチケットでは行くことができません。






e0043025_6342885.jpg
でもとりあえず突破(笑)。既に大勢のサポーターが陣取り、お祭り騒ぎ。それにしてもこの数は一体何?






e0043025_6344460.jpg
自分の席、メインスタンドのアッパーに来ました。正直、ここの席まで来るのは至難の業で少し怒りを覚えました。スタッフはボランティアで、席を理解しているものは本当に少なく、やれあっちだとかここではないとかたらい回し状態。本当に酷かった。他にもスタッフと「俺の席はいったいどこなんだよ!」と怒っている人も多数。まあ何とか座席にたどり着けました。上から見たアルゼンチンサポのいる北ゴール裏。こんなによく来たなあ。



e0043025_635127.jpg
コートジボアールサポが集った南側ゴールスタンド。結構着ています。ニュートラルのはずのドイツ人観戦者も判官びいきでオレンジ纏って応援しています。私はどんなに応援しろといわれても、オレンジだけは着れませんね。





e0043025_6353870.jpg
選手入場。早いもので日本開催からもう4年が経ってしまいました。ここに来るまではそれほどワクワク感もなかったのですが、FIFAアンセムを聞くと鳥肌が立ちます。キックオフ9時。まだ西日が差しています。この写真だけクリックすると拡大されます。





e0043025_6362439.jpg試合は南米対アフリカというこれまでに観戦経験のない戦い。これほど特徴的なサッカースタイルのぶつかり合いを見るのも久々でした。コートジボアールの巧みな球さばきを魅了しゴール前まで行くもフィニッシュまでは行かず。一方のアルゼンチンはわずかなチャンスを得点、さすがです。死のグループとはいうものの、結局はアルゼンチンが勝利。観戦に来ていたマラドーナも大げさな喜び。まだ緒戦だよ。それともまだラリってる?




e0043025_6364167.jpg
ドログバ君、クレスポ君がともに得点。チェルシー・ファンは満足の試合だったのかな。それにしてもドログバ君、国内の人気がこれほどすごいとは思いませんでした。英雄扱いですね。私の今回のワールドカップ観戦はこれが最初で最後。それにしても素晴らしいスタジアム。ブンデス・リーガでも機会があればここを訪れてみたいものです。




e0043025_636576.jpg
World Cup Stadion (AOL Arena)
Sylverster Allee 7, 22525 Hamburg
51,055人収容
Sバーン3番か21番でStellingen駅下車。徒歩20分。


Stadium Guidanceメインページへ
Home

[PR]

by m-mizoo | 2006-06-22 06:38 | Stadium Guidance


<< フレンドリーマッチinドイツ      今週の逸品 043 >>