2006年 06月 18日
今週の逸品 043
e0043025_6104038.jpgワールドカップ、イングランド決勝トーナメント進出記念?CD紹介第2弾です。まずはCrazy FrogのWe are The Champions。2005年3月にAlex Fという、いわゆる着メロシングルCD「Alex F」がイギリスのヒットチャート1位を記録。いい気になってアルバムを発売したと思ったら、今度はW杯に便乗したカバーを発売しました。ばかばかしい内容ですが、まあ映像もありますので、興味がある方はどうぞ。きっと記憶に残ることのないイングランド・ソングになることは間違いないでしょう。といいながら買っている俺ですが。

e0043025_6125044.jpg次に紹介するのはロンドンのラジオ局、talksport All StarによるWe’re ENGLAND。ワールドカップ番組のオープニング曲でもあるようです。聞いたことないので、わかりませんが。先週紹介のイングランド・ワールドカップ・オフィシャルソングであるEmbrace”World at your feet” を意識し、「こっちの方がヒットしそうだ」なんていっています。結果は意外と頑張っていまして、ヒットチャート37位に初登場。Embraceの方はというと、泣かず飛ばず???
内容は単なる昔のスカを利用したチャントをちゃんと(洒落ではないです)曲にした、というだけで、既にスタジアムでもお馴染みなので、これといった新鮮な感じは残念ながらないですね。

e0043025_6143088.jpg最後は先週に引き続き、タブロイド誌The Sunから。これはスコットランド版からのもの、The Trinidad and Tobago Tartan Army 。あれ?スコットランドってワールドカップ出てた?と気づかれた方はさすがです。そうです、出ていません。ん?トリニダード・トバコ?と気づかれた方、素晴らしいです。そうです、これ、実はトリニダード・トバコ代表であるJason Scotland選手の名前が一緒というだけでスコットランド応援CD作ってしまいました。確かに彼はスコッツリーグ1部のSt. Johnstone FCに所属しているのでスコッットランドとの共通点は名前だけではないのですがね。スコットランドの伝統衣装であるキルト・スカート履かせ、スコッツの国旗を持たせたジャケットだけでもかなり無理があります。TTTAオフィシャルソングなんて書いていますが。でもこれ、結構まじめだったりするのかな。サイトを除くとトリニダード・トバコのグッズを通販までしています。これはボランティア基金なのか、それともスコットランドとして彼に代表として期待を込めているのか。。 どう考えてもパロってるんでしょうけどね。さて、内容はというとバグパイプに始まり、カリビアンを意識した曲調でイケます。ヒットチャートも初登場30位。おいおい、上の戦いより上位ですよ、こっちの方が。聞きたい方はこちら からどうぞ。トリニダード・トバゴの試合は、というとご存知のとおりで肝心のスコットランド選手は、というと出場機会はなし。スコットランド人の期待もどこへやら。それにしてもSUN誌のCDには参りました。


なんだか、音楽系ブログみたいですが詳しい人が見たら知ったかぶり、バレバレ
Home

[PR]

by m-mizoo | 2006-06-18 06:22 | 今週の逸品


<< Stadium Guidanc...      World Cup 2006 ... >>